Philips Hueの導入〜Amazon Echo Dotとの簡単な連携

IoTがバズワードになって久しいですが、今更ながらPhilipsのスマート電球「Hueホワイトグラデーションスターターセット」を導入して、Amazon Echo Dotで音声で操作する環境を作りました。

Philips Hue
Hueを市販の吊り下げ灯に接続

こういうときって普通箱の画像とか上げたりするんでしょうか……

導入レポートなどは他のブログさんにおまかせするとして、本稿では特に運用面について気づいたことをメモ程度に残しておこうかと思います。

Hueは基本的に遠隔操作が前提で、Hueアプリをインストールしてアプリ上から管理できます。このアプリはHueに搭載されているすべての機能を使えるようです。例えば、明るさや色味を変える機能やタイマー、時間経過による明るさグラデーション?機能があります。これは寝る前なんかに眠気を促す用途にはよいと思っています。

一方で、私の家はiOS端末に先程のアプリを入れたのですが、iOSはiOSでHomeKitと呼ばれるスマート家電のコントロールパネルがあります。こちらでも明るさや色味の変更、タイマーなどの操作ができるようです。また、AppleTVやHomePodがあれば、それをハブにしたオートメーション機能があるようです。

ここにさらに、今回使用するAmazon Echo Dotによる操作が加わります。こちら厳密にはPhilipsが提供するスキルで、こちらは音声によってHomeKitとほぼ同様のことができるようです。

これだけ端末があるとなると、どの端末から管理していくかが課題となってきます。これらの端末プラットフォームを横断して、一括で管理すること(端末それぞれに対する設定を一つの画面で確認する)はできないようでした。

おそらく一番多機能なHueアプリで管理するのが一番良いのでしょうが、現在試行錯誤中です。音声によって操作するには、Hueアプリ側で照明に関する一連のプロシージャを記述し、それをEcho側で呼び出すという手順になりそうです。例えばHueアプリ側には時間経過で照明の明るさを少しずつ変えていく機能があるのですが、これはEcho側でそのまま実現するにはどうしたらよいのかわかりませんでした。

以上を踏まえて、現在はひとまず起床時・外出/帰宅時の照明操作はEcho Dot側の音声トリガーを、寝る前の照明調整はHueアプリのタイマー設定で行っています。個人的には、できればEcho側ですべて完結したいです。Echoで完結することで、他のデバイスともスムーズに連携できるでしょうから。