M1 MacBook Airのその後(ATEM Miniの導入)

年始にはオーディオ関係の記事を書くつもりだったのですが、ダラダラしてたら3月になってしまいました。。。いい加減ブログ書かないと、というわけで、急拵えですが近況報告も兼ねて書いています。

M1チップ搭載のMacBook Airを購入してから約2ヶ月程度経ちましたが、運用に変更が若干出てきています。快適に使えていることには変わりはないので、かなり満足しています。

というのは、年末年始実家に戻れないということで暇だったので、M1 Macbook Airを使って身内向けのゲーム配信環境を整えてみました。具体的には、DiscordでPS4ProやNintendo Switchの画面を垂れ流すことを想定しています。Discordは執筆現在、既にM1チップに対応しています。

そのために、HDMIキャプチャーボードとしてBlackMagicDesignのATEM Miniを用意しました。これはHDMIビデオスイッチャーというジャンルの代物ですが、簡易的なオーディオミキサーとハードウェアエンコーダがわりに使っています。

Mac側の認識としてはWebカメラになっているようで、M1 Macでも問題なく使えます。というか、USB Video Classを喋っているということだと思うので、それに対応しているOSであればM1 MacだろうがIntel Macであろうが関係ないんですかね。

ATEM MiniはHDMIが4入力あり、メイン画面に対して1入力分をワイプとして合成することができます。私は、1入力をゲームに使用してメイン画面とし、もう1入力をFUJIFILM X100Fというデジタルカメラを動画モードで入力して、ゲーム中の顔をワイプで入れる運用をしています。デジタルカメラを使うにはミニ三脚など準備が必要ですが、背景のボケみなどが無駄に美しく、これはこれで満足しています。

音声に関しては、HDMIにエンベッドされている音の他に、4chまで入力できます。ただジャックが3.5mmTRSで、XLR入力のマイクが使えません。最初は普通に3.5mmTSジャックのマイクを挿していたのですが、マイクプリが入っていないのか音量が小さく、ゲインの設定をかなり上げて使っていたため、音質もあまり良くありませんでした(ギリ実用的な範疇ですが、やはりノイズが載ります)。

今回はXLR入力のマイクにも興味があったので、思い切ってYAMAHA MG06というミキサーとSHURE SM58という定番ダイナミックマイクも導入しました。ミキサーのRCA出力を、たまたま持っていたRCA – 3.5mmTRSケーブルでATEM Miniに流しています。これによってマイクの音質は問題なくなり、また、やろうと思えば音声出力も増やせるので、一石二鳥です。

本来であれば、ミキサーの出力は、ATEM Miniの音声出力とは別にオーディオインターフェイスを用意してそちらに流すのが筋なようです。その場合は、ATEM Miniとオーディオインターフェイスで出力遅延を合わせる必要が出てくるので、私のようなライトユースであれば、ATEM Miniに全て任せてしまっていいような気がします。

ATEM Miniはハードウェアエンコードなので、Macにかかる負担がDiscordのみになり、安定感が増します。映像はPS4Proの4K映像もSwitchの1080p映像も、ゲーム映像なら適当にATEM Miniにブチこむだけで、1080/60pでよしなに出力してくれます。これはとても便利です。画質も特に不満はないです。なお、PS4Proに関しては、設定で事前にHDCPを切っておく必要があるかもしれません(よく覚えてない)。

なお、ATEM Miniは前述の通り、Webカメラとして認識されます。したがってDiscord上では、画面配信ではなく単純にWebカメラの映像として配信しています。この際、Discord側のノイズ低減や入力感度自動調整、エコー除去などは全て無効化しています。こうすることで、マイクの音声が入ってない時でもゲームの音を流すことができます。

ATEM Miniにスイッチャーや簡易オーディオミキサーとしてさまざま物理ボタンはありますが、それ以外の詳細な設定は、ATEM Software Controlというアプリで行います。これはx86-64バイナリっぽいので、M1 MacではRosetta 2経由になりますが、全ての機能をいじったわけではないにしろ、特に問題なく動作します。

こんな感じで色々と遊んでいます。結構楽しいので、今度気が向いたらゲーム実況動画でも作ってみようかな。